2021年2月7日日曜日

新々英文解釈研究の目次

新々英文解釈研究の攻略 5度目の挑戦に当たって(令和3年2月7日)

速修 新々英文解釈研究 の 構成(令和3年2月9日)

(2)He is an oyster of a man.(令和3年2月11日)
(5)He is honesty itself. 令和3年2月14日)
(7)I live all by myself. 令和3年2月14日)
読み物 語学とは距離である 令和3年2月23日)
(11) He did it himself. 令和3年3月2日)
(12)He is the very man for you.令和3年3月5日)
(15) Nothing can be simpler. 令和3年3月9日)
 (16) The sooner the better.(令和3年3月10日)
(19)The book  has  few faults.  (令和3年4月3日)
(20) He  seldom  goes out.   (令和3年4月4日)
 (22) He is too ready to speak. (令和3年4月12日)
 今の英語はなぜか会話ばかりだそうで。英語自体が分からなくて良いのかな?と思います。どのように日本語に訳するのか、あるいは、なぜこのような訳になるのか、分からなければ、英語の勉強にならないと思う。また、勉強をしていても面白くもなんともないと思うが。分からない文章を見た。解答も見る。しかし、なぜそのような訳になるのか自分には分からない。それを克服することが勉強であり、その人の進歩があると思っていたが、最近の英語教育はその辺が曖昧なように見える。
 私はこの新々英文解釈研究の攻略を通じて英語のルネサンスを目指したいと思っております。
 新々英文解釈研究は明治以来の日本の英文解釈の歴史で大きな位置を占めている
 (23) We can not praise him too much.   (令和3年4月20日)
 英文学者であり、その該博な学識で知の巨人とも言われた、外山滋比古先生も英語のことわざを覚えることは、得るところ大、と述べられている。外山先生は100くらい覚えたら、というが、小生は1000覚えよ、と。その得るところ、巨大であろう、と考える。

前回の挑戦                              

新々英文解釈研究(山崎貞 著)の攻略してみよう 前書き令和2年10月11日)


前々回の挑戦                 

新々英文解釈研究の著作権(平成25年9月18日)  




                                       

始めに  このブログは一体、何を企図したものなのか

1. of + 抽象名詞 = 形容詞    A man of learning is not always a man of wisdom.
2.名詞 + of a ---は形容詞に代用されて、「〜のような」の意味になる  He is an oyster of a man.
3. the + 単数形の普通名詞 ○その類全体を現す ○抽象の概念を現す  The bamboo is a kind of grass.
4.the + 形容詞 のパターン  The rich are not always happy.
5. 強調  He is honesty itself.

6. in itself = its own nature  Cabonic acid (gas) is not a poison in itself.
7. by oneself   I live all by myself.
8.for oneself   I like to do everything for myself.

10.  to oneself 独り言を言う 独占する  He often talks to himself when he is alone.


11 再帰動詞 意味を強めるためにのみ用いられる  He did it himself.
12. the very + 名詞  He is the very man for you.

13. 最上級で「どんな〜でも」と訳す  The wisest man cannot know everything.

17. the + 比較級  He is the last person to do such a thing.

18. 比較 no more ~ than と not ~ any more than  He can no more swim than a hammer can (swim).

19. few と a few  little と a little  The book has few faults.
20. seldom hardlyの使い方   He seldom goes out.

21. too ~ to の表現   You are too young to understand. 

23. cannot ~ too の使い方  We cannot praise him too much. = It is impossible to overpraise him.


24. one........the other と the one........the other の違い  We have two dogs ; one is white, and the other black.
25. this that の使い方 this は文章の中で近いもの、thatは遠いもの を指す   Health is above wealth, for this cannot give so much happiness as that.
26. anotherに関して  To know is one thing, to practice is another. 
27. 同一名詞の反復を避けるために、that is (複数は those of )を用いる  The tail of a fox is longer than that of a hare. 

28. 前文の叙述部分全部を反復する代わりに用いられる that  The ship was built in less than a year, and that in the midst of the war.

29.what with.....and what with what by.....and what by と言う 表現   

What with teaching, and what with writing, my time is fully taken up.

30. 関係代名詞 whatの用法 
I do what is right in my sight.

31. what you call と so-called の違い  

He has had no regular education ; he is what you call a self-made man.


32. what one is 今日あるのは と言う表現  Coal and iron made England what she is.
33. what is better, what is 比較級 と言う表現  He is handsome, clever, and what is better still, very rich.

34. all, what (持っている物は)これだけ と言う表現  This is all the money (that) I have. 
35. AとBの関係は、CとDの関係と同じ という言い方   Leaves are to the plant, what lungs are to the animal.
36. As...., so...の呼応 As you sow, so will you reap.の解析  As the lion is king of beasts, so is the eagle king of birds.
37. It is in --- as in ~  --- は ~ の如し という表現  It is in studying as in eating ; he who does it gets the benefits, and not he who sees it done. 
38. as ~ as any, as ~ as ever, the + 最上級 + that ever という表現  He is as brave as any man alive. 彼は世にも稀な勇者だ

小論 新々英文解釈研究(山崎貞 著 研究社)

日々雑感 昭和16年の新々英文解釈研究 をヤフオクで落札した(25-09-13)

39. in the world, on earth という表現  Who int the world are you?  一体全体お前は誰だ
40. something of a layer(法律を少しは知っている)と言う表現  He is something o a lawyer.      彼は法律も少しは知っている

41. as long as, so long as と言う表現  You shall want for nothing as long as I live.
42. so ~ as to と so as toと言う表現  I got up so early as to be in time for the express. 私は早く起きたから急行に間に合った
43.  so ~ that と so that という表現  got up so early that I was in time for the express.
44. lest という that と同じ意味の接続詞の用法  I worked hard (for fear) lest I should fail.
45. have + the + 抽象名詞 + 不定詞  と言う表現  He had the kindness to show me the way.

46. such ~ as, such ~ that と言う表現   Do not trust such men as praise you to your face.
47. not so much ~ as と not so much as の 相違  He is not so much a scholar as a writer
48. as much, as many と言う表現  He is rather hot-tempered, and owns as much.
49. so much, so many と言う表現  Apple are sold at so much a piece.
50. like so many, as so many という表現    They worked hard like so many ants.

51. 同一の形容詞、副詞などの反復を避けるため so を用いる  It was very cold last evening - so much so that I could not stir out of doors.

52. if ever, if any, if ~ at all 言おうとする事を強く響かせるために勿体をつけて言うのに用いる表現  He is an Edokko, if ever there was one.
53. ever so = very, 譲歩を表す副詞節の中で使用されるever so --- = however という表現  He has ever so many children.

54. So I am と So am I の ちがい   You seem to be a physician --- So I am.

小論 なぜ英語が聴こえてこないのか?(平成25年9月16日)

55. 接続詞 before の妙訳 I had waited an hour before he appeared.
56. not ~ long before ---  長いこと ------ しないうちに、とうい妙訳 I had not waited long before he appeared.
57. 〜するや否や、〜 すると同時に、という表現 We had scarcely got on shore when it began to blow hard.
58. before long(近いうちに)という表現 I shall see him before long.
59. not ~ till --- :ーーーの時に初めて〜 という表現 People do not know the blessing health till they lose it.

60. 命令形 + and, or  そうすれば・・・、さもなければ・・・・ と言う表現 Persevere, and you will succeed.
61. 命令形 + and の変形  One more effort, and you will succeed.
62. 代動詞としてのdo、 強調としての do  I love you more than he does.
63. 現在、過去の規則的習慣 64. be used to 名詞(または doing)という表現 I am used to hardships.
65. 嗜好、才能を表す、have a ---- for / to ~ という表現  I have a liking for that man.He took me by the hand.

66. 体の一部を- - - - -すると言う英語独特の表現 He took me by the hand.

67. 分離を表す前置詞 of について  I will ease you of your burden.
68. 不定詞の副詞的用法 ・目的 ・原因 ・結果     He lived to see his son a great man.
69. 知覚動詞 ( see, feel, hear, know etc ) + 目的語 + 補語 I saw him enter the room.
70. have + 目的語 + Root-Infinitive (toのない不定詞) I will have some one come.
71. have + 目的語 + 過去分詞 という文型について I shall have my watch stolen.
72. 絶対不定詞・・・不定詞の成句 To tell the truth, I am tired of teaching.
73. to say nothing of ~ と言う表現 He knows German and French, to say nothing of English.
74. There is no ----ing, It is no use ---ing と言う表現 There is no staying at home in this fine weather.
75. 形容詞 + of で動詞のように振る舞う用法について He is possessed of great wealth.

77. of one's own ---ing = 自ら----した、という表現 This pheasant is of my own shooting.

78. make ~ (out) of ---- という表現
79. 分詞構文 (Participial construction)

80. as it is, as one does等は「あのように」「このとおり」と訳して当たる

81. 独立分詞構文(分詞構文の慣用句)

82. 「さすがに勇敢な彼もわなわなと身震いした」の「さすがに」のような表現法

83. may well : ~ するのももっともだ、と言う表現
84. may as well, might as wellという表現
85. 意志を表す助動詞 will
86. 第一人称の意志 ( I will ) を裏面から述べる時に用いる shall
87. Why should ---- ? を用いた反語表現
88. 遺憾、驚き、いぶかしさを表す助動詞 should の使い方
89. 「すべき」「すべきであった(のにしなかった)」を表す助動詞 should
90. 名詞節に使用される should
91. would rather と had better の使い分け
92. 仮定法:would = wish to   would = I wish
93. 「たとえ・・・・であろうとも」と言う表現
94. 仮定法過去
95. as if, as though を用いた仮定法
96. 条件節における if の省略
97. otherwise 「さもなければ」「もし「そうでなかったら」と言う表現
98. 仮定法で条件の文句が省略されていたり、前置詞・不定詞・名詞などの中に隠れている場合
99. cannot but, cannot help doing 〜せざるを得ない、という表現
100. but = except

101. 「だれかと思えば・・・」と意外の意を表す should

102. anything but, all but という表現

103. but = who + not / that + not / which + not と言うbutの使い方

104. not so - - - but という形の表現

105. never - - - but ~ / without ~ という表現

106. 二重否定

107. but for - - - -, but that - - - -と言う表現

108. 二重否定(その2)

109. なるほど - - - -であるが、という表現

110. 二つの語句を結び、ニュアンスを味付けする表現法



111. not that - - - - but that, not becauseという表現

112. 甲の損は乙の得


小論
ある意味で日本人は英語ができる、と断言して良い(平成25年10月15日)

TOFLEの国別比較がそんなに有り難いものかね?(平成25年10月15日)

TOEIC, TOFLEがそんなに良いものか?(平成25年10月14日)

分かりやすい目次を作った こちらへ → http://proverb1111.web.fc2.com/Menu.html
作業日誌 平成25年9月23日(月)秋分の日
 
小論 なぜ英語が聴こえてこないのか?(平成25年9月16日)

新々英文解釈研究の著作権(平成25年9月18日) 



伏見啓明整形外科公式ブログ 目次 :これが小生のブログの大元の目次です
 もっと以前のブログ 獺祭録
 さらに前の前のブログ 考えるダイエット
 私の専門は骨粗鬆症です。どのうように診療しているかのケースレポートです。
 骨粗鬆症の治療は非常に幅があり、これが絶対正解で他は誤り、というわけではありません。
 当院の公式ホームページです。新しくしました。
 当院の開院以来からあるホームページ。時代を感じさせるものとなりました。
 AdobeGoLiveで作っています。
 今も使っています。
現代英文訓読法 目次 (新渡戸稲造 武士道もここにあります)
 英語を簡単に読むことができるように工夫して実践してみました。
 漢文の訓読の発想を英語に取り入れてみました。
 英語の勉強の仕方とはどうあるべきか。会話重視で良いのか。
 それをいろいろと論じてみました。
 電子カルテについていろいろ考えてみました。
 小生自身は紙カルテを使用しております。
 高校時代に勉強した「新々英文解釈研究」を研究しています。
 現代英文訓読法と「やわらかな暗記」で 「新々英文解釈研究」をしっかり素早くマスターできるようなものを作りたいと思っています。
 英語革命を目指しています。
 個人情報とは何か。これが漏洩することは何を意味するのか。これを問います。
 個人情報とは「個人秘密情報」であり、これが漏洩することは「奴隷」になることを意味します。 
 橋本の著した本をPDFで販売。「医療の未来」は製本されていて、これを販売。
 他はPDFで販売しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

獺祭録 目次

  ▼   2018  (41) ▼   9月  (2) 当ブログの目次 当院では骨粗鬆症をどのように診ているか 57歳女性 ▼    8月  (1) 新しい当院のブログ紹介 ▼    7月  (6) 現代の訓読で読む 老人と海 1 現代英語の訓読法 農業は国家のcornerst...